汗

気温が20度を超えると汗の臭いが強烈になります。
デオドラントケアを徹底し、汗臭を防ぎましょう。

GWも近づいておりますが、お出かけの計画は立てられましたか?
今年のGWも暑くなりそうですので、汗臭には要注意です。

 

気温20度以上が危険!

汗臭は気温20度以上になるとかなり強烈になります。
20度以上になると汗をかきやすく、さらに細菌が繁殖しやくなるので、強い臭いとなるわけです。
気温15度ではあまり繁殖しない細菌ですが、20度になると一気に繁殖のスピードが速まるのです。

 

保冷剤で体温調節をする

気温が20度を超えた時は、もちろん体温もあがりやすくなります。
体温が高くなると汗の量も増えますし、かいた汗に細菌が繁殖しやすくもなります。
そこで、気温が高い時や体温が上がっているなと感じたときは、保冷剤や濡れタオルなどを使って体温調節をしましょう。
凍らしたタオルを脇の下や首まわりに当てると効率的に体温を下げることができますよ。

脇や背中などに凍らしたタオルを当てると、汗自体を吸い取ったり、細菌を拭き取ることができるので便利ですよ。