aff_data052[1]

汗って臭いますか?臭いませんか?
実は、汗って、それ自体が臭っているわけではないのです。

汗が、毛穴から出てきた時、その汗にニオイはありません。

しかし、皆さんは、「汗は臭い。」「汗は、臭う」というイメージを持ってはいませんか?

実は、汗をかいた後に体から、ニオイがする原因は、皮膚のいる細菌が繁殖することにあるのです。
この細菌は、いつでも皮膚の表面にいるものです。
運動をしたりストレスを感じると汗をかいます。
汗からは、皮脂や角質が浮き出てきます。この皮脂や角質を食べて、最近は繁殖をします。
この細菌の繁殖こそが、汗をあいた後に体からニオイがしてくる原因です。

この細菌、邪魔な気がしますよね。ニオイの原因になってしまうのですから、できればいない方がいい気もします。
しかし、実は、この細菌は、外敵から皮膚を守ってくれています。
ですから、大切なものなのです。

そこで、細菌の適度な量を保てるように、増えすぎることが無いように、古くなった皮脂や角質汚れが皮膚にたまらないように、体を清潔にしておくことが大切です。