汗には、種類があります。
汗の種類を知り、臭い対策に活かしましょう。

汗には、3種類あります。まず、温熱性発汗による汗です。
これは、気温が高く暑く感じた時や運動をした時などに出る汗です。
さらさらとした汗で、額などからしたたり落ちるような汗です。
この汗には、臭いがありません。
そこで、汗による細菌の繁殖の前にさっと拭けば、臭いはさほど強くはなりません。

次に、味覚性発汗です。
辛いものを食べた時に額や鼻の下などにかく汗のことです。
こちらも、さらっとした汗です。

そして、精神性発汗です。
緊張をした時や不安を感じた時などに出る汗です。
この汗は、手に平や脇の下にじっとりとかきます。
どろどろとした汗です。
この汗自体に強い臭いがするので、体臭の大きな原因となります。

このように、汗には種類があります。
そして、種類によって臭いがするものとしないものがあります。
これらを把握することで、体臭対策ができます。

気をつけなければならないのは、汗自体に臭いの無いさらっとした汗も、
かいたまま放っておくと、細菌が繁殖し、臭いの原因となります。
汗をかいたら、そのままにせず、拭いたり、シャワーをあびましょう。