汗は、体の温度調節のためにとても大切なものです。
しかし、汗をかきすぎると、勉強や仕事などの日常生活に支障をきたすこともあります。
汗臭もきつくなるので、汗のかきすぎは抑えたいですね。

汗をかきすぎるのを抑えるには、水分を摂り過ぎないことがポイントです。
水分を過剰に摂取すると、汗をかきやすくなるからです。
日本人は、外国人と比べて、水分の摂取量が多いそうです。
この水分の摂りすぎが、過剰な汗が分泌されるというわけです。

もちろん、夏は熱中症の心配もありますので、水分を摂らない訳にはいけません。
そこで、適度な水分を摂るようにして汗を抑えましょう。

水分を摂りすぎてしまった時は、運動や入浴などによって汗をかき、
体の中の余分な水分を出すようにしましょう。

さらに、クーラーの効いた部屋に1日中いるもの問題です。
涼しい部屋にいつもいると、体が涼しい状態に慣れてしまいます。
涼しい状態に慣れてしまった体で、暑い場所へ行くと、
今までは耐えれた暑さも耐えれなくなるのです。
この状況では、汗がどんどん出てくるでしょう。