体臭と肌荒れには深い関係があるのです。
肌荒れした部分からニオイがするからです。
肌荒れした部分が多かったり、肌荒れの症状がひどいと、
体臭も深刻になってしまいます。

顔や腕、おなかなどが肌荒れしている人は、体臭に悩むケースも少なくないそうです。
それは、肌荒れによって、皮膚呼吸が困難になるからです。
健康な皮膚は、皮膚呼吸によって酸素を体内に取り入れています。
しかし、肌荒れした皮膚は、皮膚呼吸をうまくできないので、酸素をうまく取り入れることができません。
酸素不足が、体臭の原因となっているわけです。

このように、肌荒れは、体臭の大きな原因となるのです。

 デオドラントスプレーを使いすぎたり、合わないデオドラントスプレーを使っていると肌荒れを起こします。
つまり、ニオイを抑えているはずが、ニオイの原因を作ってしまっていることにもなるのです。
このような状況にならないように、肌の調子をしっかりと観察し、デオドラントスプレーを使いすぎたり、
合わないデオドラントを使い続けてしまうことのないようにしましょう。