体臭と運動って関係があるのでしょうか?
実は、体臭と運動には大きな関係があるのです。

夏と冬では、冬の方が体臭がきつくなる人が多いです。
それは、冬は寒いので、血行が悪くなったり、皮脂が詰まるのが原因です。
代謝が落ちるのも、体臭を悪化させてしまいます。

しかし、冬でも体臭がきつくならない人がいます。
それは、普段から運動をする習慣のある人です。
いつも運動を心がけている人は、冬でも体臭が強くなりにくい傾向があるのです。

体臭と運動には深い関係があるのです。
中でも有酸素運動をしている人は、汗がサラサラでアルカリ性が弱いです。
汗をかいても細菌があまり繁殖しないのです。

一方、運動不足の人の汗はドロドロとして、アルカリ性が強く、細菌が繁殖しやすく、不快なニオイがするのです。
運動不足と冬の寒さが重なると、そのニオイはひどいものです。

体臭がきつくならないように、日々の運動を心がけましょう。
有酸素運動を定期的に行うことで、サラサラの汗をかくようになります。
ウォーキングや自転車など軽い有酸素運動を習慣づけしましょう!