砂糖は、体臭の原因となります。
砂糖を摂り過ぎない食生活を心がけましょう。

体臭がきついなと感じている人は、砂糖の摂取量を見直してみましょう。
砂糖は、体臭の原因となるからです。
砂糖の1日の摂取量の目安は、20から30グラムです。
もちろん、体の大きさや運動量によっても大きく変わりますが、
一般的な成人としての目安です。

さて、この1日の摂取量の目安はどうですか?
大さじ2杯程度などで少ないなと感じる人も多いかと思います。
それもそのはず、日本人の1日の砂糖摂取量の平均は、65グラムなんです。
なんと摂取量の目安の2~3倍も多く砂糖を摂ってしまっているのです。

しかし、砂糖は体臭を引き起こす要因になるので控えなければいけませんが、依存性が高く、どんどん摂取量が増えてしまう人が多いですし、無気力やイライラなど他への影響も大きいです。
そこで、砂糖の摂取量を減らすためには、強い意思を持って挑戦しなければいけません。

砂糖の摂取量を減らすには、一時的に砂糖を絶つのがおすすめです。
5日から1週間ほど、砂糖をやめると砂糖依存から開放されます。