塩分の過剰摂取は、体臭の原因となります。
減塩生活で、体質改善をしましょう!

塩分の摂りすぎは、体臭がきつくなります。
塩ってしょっぱくないものにも入っています。
例えば、ケーキやパン、ジュースなど塩辛さのない食品や飲み物にも
含まれているので、注意が必要です。
食品成分にナトリウムと表示があれば、塩分があると考えて気をつけましょう。

塩分を抑えた食生活を送るには、塩分の1日の摂取量を自分ではっきりと決めるのがいいでしょう。
1日に必要な塩分は、一般的な成人男性で9グラムとされています。
海外では、もっと低い値を推奨されていますが・・・
ところが、1日の塩分の摂取量の平均は11gです。
ほとんどの人が塩分を摂りすぎているようですね。

塩分を摂りすぎないためには、酢やレモン果汁で味付けをするのがおすすめです。
これらは、体臭を抑える効果もある食材ですので、取り入れるといいでしょう。
他にはブラックペッパーやミント、グレープフルーツなども味付けに使えます。

また、お味噌汁や煮物などは塩分が高くなりがちですので、
出汁を濃い目に作ると入れる塩分が少なくてもおいしいですよ。