加齢臭と聞くと男性のものだとイメージしませんか?
しかし、加齢臭は、男性だけでなく女性にも起こるものなのです。

女性の加齢臭は、ホルモン分泌が少なくなる40代を過ぎた頃から臭い始めます。
最近、頭皮が臭うようになったり、体臭が気になってきた人は注意が必要です。
それは、加齢臭のサインかもしれません。
加齢臭は、男性のイメージがありますが、女性も臭うものです。

男性は、男性ホルモンによって、皮脂を多く分泌します。
これが、加齢臭の原因となっているので、
加齢臭が男性のものというイメージが付いています。
しかし、女性も40代を過ぎると、女性ホルモンが減少し
、男性ホルモンが増加し、皮脂
の分泌量が増えるというわけです。

40代を過ぎると、皮脂が酸化しやすくなります。
若い頃は、抗酸化物質がたくさんあったのですが、年齢とともに減少してしまうからです。
皮脂が酸化すると腐ったようなニオイがしてしまうのです。
ストレスや疲労、不規則な食生活などによって、活性酸素が増加します。
活性酸素は増えると、皮脂が酸化するので気をつけましょう。