更年期に体臭で悩む人が多いです。
その原因は何でしょうか?

更年期に体臭で悩むのは、汗が臭いからです。
更年期に汗が臭くるなるのはなぜでしょうか?

更年期とは、卵巣機能が終わっていく過程の最後の数年間を指します。
30歳をピークに卵巣の機能は、少しずつ落ちていきます。
機能は完全にストップするのは、50歳くらいが平均的です。

この更年期は、様々な体調の変化があり、悩まされることが多いです。
更年期にさまざな症状が出るのは、女性ホルモンの影響です。
卵胞ホルモンの分泌が少なくなるため、バランスを崩してしまうからです。

更年期の症状として、多汗症が挙げられます。
顔や首、胸に多量の汗が出ます。
拭いても拭いても、ポタポタ流れ落ちる汗が出てるのが特徴です。

更年期に出る汗は、ドロドロとした臭い汗が出るのが困りものです。
アンモニアを含んだ濃度の高い汗ですので、体臭の大きな原因になってしまいます。

更年期の多汗に悩む人は、汗を止める方法を考えがちですが、むしろ出してしまったほうがいいのです。
運動や入浴で汗を出し切ってしまいましょう!