白砂糖を摂りすぎてはいけません。
白砂糖はワキガを強くしてしまうからです。

脇のニオイが気になるなら、白砂糖を断ちましょう。
というのも、白砂糖を過剰摂取すると乳酸やピルビン酸という活性酸素の元となるが発生してしまうからです。
活性酸素は、体の脂をどんどん酸化させてしまいます。
この酸化した体の脂が嫌なニオイがするのです。
ワキガだけでなく、体臭や口臭、頭皮のニオイなどさまざまなニオイの原因となります。

そこで、白砂糖を摂るのはやめましょう。
外食をしたり、コンビニやスーパーなどの食品には白砂糖がたくさん入っています。
缶ジュース1本には、およそ35グラムもの白砂糖が入っていると考えると、恐ろしいですね。
ですから、家庭では白砂糖は断つという気持ちでいた方がいいでしょう。

家庭での料理や飲み物には、黒砂糖がおすすめです。
煮物などに使うと、こくが出ておいしいですよ。
紅茶やお菓子には、はちみつやメープルシロップが使いやすいですね。
他には、氷あめや水あめ、甘酒などがあります。
これらを使って、白砂糖の摂取量を少しでも減らせる生活を送るようにしましょう。