普段の生活で砂糖を摂りすぎてはいませんか?
砂糖の摂りすぎは、汗臭の原因となります。

コーヒーやジュース、ケーキ、アイスクリームなどおいしいものには、
砂糖がたくさん含まれています。
その砂糖が、汗臭の原因となっている場合があります。
砂糖を取りすぎると、乳酸がピルビン酸が過剰に分泌してしまいます。
乳酸やピルビン酸は、活性酸素を発生させます。
活性酸素の発生により、皮膚の脂が酸化してしまうのです。
この皮脂の酸化が、汗臭となり、臭ってしまいます。
ですから、砂糖を取りすぎないように注意しましょう。

甘い飲食物を摂ることも大切です。
エネルギーやリフレッシュになります。
しかし、砂糖の摂りすぎは避けなければなりません。
とくに、漂白された白い砂糖は避ける必要があります。

白い砂糖の代わりに、黒糖やハチミツ、メープルシロップなどを使うのは、汗臭対策にとても有効です。
いつものコーヒーや紅茶などに使う砂糖をこれらのものに代えるだけでも、
白い砂糖の摂取量をかなり減らせるのではないでしょうか?
また、スイーツや煮物など、砂糖を多く使う料理にも有効です。