サンダルを履いているのに足が臭う!?
実はサンダルって臭いやすいものなんです。

夏はサンダルを履く機会が多いですよね。
涼しいですし通気性がいいので足が臭いにくいというイメージを持っている人がほとんどかと思います。
しかしそれは間違いで、サンダルによっては足の臭いの原因になりますよ。

サンダルはビニル素材で、水に濡れても大丈夫ですよね。
このビニル素材はもちろん汗を吸いませんので、足裏から出た汗で表面がベトベトになりませんか?
汗を吸収せずにいつまでもベトベトしているので、
細菌がどんどん繁殖してしまうのです。

さらにサンダルは足が汚れやすい構造になっています。
1日サンダルを履いた後の足をよく見てみると、泥や砂などの汚れで黒くはなっていませんか?
いくら注意をしても汚れがついてしまうので、不衛生になり細菌にとって住みやすい環境となってしまっているのです。

サンダルを履くときは、1日中履くのではなく必要時にだけ履き、普通の靴よりも清潔を保つように注意をしましょう。
時々、ウェットティッシュ等で汗や雑菌をふき取ると嫌な臭いを
抑えることができますよ。