靴が臭っていては、足も臭うはずです。
靴のニオイを取って、足が臭うのを防ぎましょう!

足の裏からは、1日にコップ1杯分もの汗をかきます。
ですから、靴はとても汚れていてニオイもきついのです。
湿気も多く、高温になるので細菌が繁殖をしているからです。

そこで、靴のニオイを徹底的に取りましょう!
なんと冷凍庫の中に靴を入れておけば、ニオイを消すことができるのです。

まず、靴を日光の当たる場所で干して、水分を乾かしておきます。
靴をビニール袋に入れて、冷凍庫で1晩置いておきます。
これで、靴の中のバクテリアが死滅するとのことです。

これでも靴のニオイがしつこく、取れないときは、重曹を使いましょう。
重曹を使い古したストッキングの中に入れます。
これを、靴の中に入れておけば、ニオイが消えます。
重曹には、消臭効果があるためです。

冷凍庫に一晩置いた靴の中は、バクテリアの死骸でいっぱいです。
そのまま履くと、バクテリアの死骸が粉々になってしまいますので、
靴を履く前に掃除機などで吸ってバクテリアを放置しないようにするのがポイントです!