水虫の原因は、どんなことでしょう?
水虫の感染を防ぎ、ニオイのない足にしましょう。

水虫は、水虫菌の感染により発症します。
水虫菌は、正式には白癬菌(はくせんきん)といい、カビの一種です。
水虫の感染する場所のほとんどは、足です。
というのも、足は白癬菌に圧倒的に感染しやすい場所だからです。

足は、汗をかきやすく高温多湿になりがちな箇所です。
細菌が繁殖するには、絶好の場所です。

しかし、足が水虫になりやすい理由はそれだけありません。
水虫の人と接触しやすいことも大きな理由です。
一緒に生活している人に水虫の人がいると、自分も水虫になる確立は非常に高いです。
さらに、病院やスポーツジム、老人ホームなどの公共の場で、同じスリッパなどを供用して
水虫がうつってしまうケースも多いです。
プールや銭湯へ頻繁に通う人も注意が必要です。

このように、水虫になる白癬菌に感染するケースはたくさんあります。
ですから、そのような場所では、感染しないように気をつけなければいけません。
いっても過敏になりすぎる必要はありません。
毎日、入浴の時に足をきれいに洗っていれば、だいたいは感染をふせぐことができます。