足のニオイの原因となる水虫。
水虫を防いで、足のニオイを改善させましょう。

水虫の菌自体には、ニオイがありません。
しかし、水虫により皮膚が荒れると、そこで細菌が繁殖し、
ニオイが発生しやすくなります。
そこで、水虫の原因を知り、水虫をふせぎましょう。

水虫に感染しやすい環境は、湿度と温度が高いことです。
長時間靴を履いていたり、足の指と指の間が無く、くっついている人は、
足が高温多湿となりやすく、水虫になりやすいです。

さらに、汗をかいていたり、皮脂汚れがあると感染しやすくなります。
肌がアルカリ性になっているからです。
汗をかきやすく、脂性の人は注意が必要です。
皮膚は、毎日きれいに洗い、清潔に保っていると弱酸性になります。
皮膚が弱酸性だと、水虫に感染しにくい環境になるので、心がけましょう。

また、糖尿病や免疫不全などの病気を持っている人も要注意です。
持病により、抵抗力が落ちているので、水虫に感染しやすい状態です。

このように、水虫になりやすい環境というものがあります。
この環境をできるだけ作らないに心がけ、水虫の感染を防ぎましょう。