足のニオイの原因。
それは、足の水虫かもしれません。

足のニオイで悩む人は、足の水虫かもしれません。
水虫菌は、カビの一種で、人から感染します。
水虫に感染した箇所と接触したり、同じスリッパを履いたりすると水虫菌に感染する可能性があります。

実は、水虫は、水虫自体が臭うわけではありません。
水虫菌自体にニオイがあるわけではないからです。
しかし、水虫に感染することで、足の皮膚が荒れたり、抵抗力が落ちたりします。
そんな足の皮膚は、雑菌が繁殖しやすい環境です。
水虫によって皮膚が荒れ、雑菌が繁殖し、ニオイが発生するといわけです。

水虫は、足のニオイの原因になりますし、かゆみも辛いので積極的なケアが必要です。
特に、足の指と指の間は、蒸さりやすく、雑菌が発生しやすい箇所です。
よって、ニオイが強くなる傾向があります。

足のニオイが強い人は、水虫に感染しているかもしれません。
水虫は、薬で治るので、早めに医師に相談することが大切です。

かゆみが無いケースもあり気がつきにくいこともありますので、強い足のニオイを感じたら、
早めに病院へ行きましょう。