足が水虫になったら、とにかく清潔にしましょう。
皮膚を清潔に保ち、水虫が広がるのを抑えます。

足の水虫は、とてもやっかいです。
足は、汗をかきやすい部位です。
1日にコップ1杯分もの汗をかくので、細菌が繁殖しやすく、
ニオイが気になることも多いです。
足は、高温多湿で、水虫の菌にとっても環境がいいので、治りづらく、積極的なケアが必要です。

水虫の足をケアするのに大切なのは、足を清潔に保つことです。
毎日、足をきれいに洗うことは絶対です。
足の裏や指と指の間など、細かい部分も忘れずにきれいに洗いましょう。

ここで気をつけたいのが、石けんです。
清潔にしようと思うと、石けんでごしごしと洗ってしまいがちです。
しかし、水虫の場合は石けんを使わずに洗うのがベターです。
石けんは、水虫の菌にとっては栄養分だからです。
石けんを使うと、菌が石けんから栄養を摂取し、大繁殖してしまいます。
また、添加物や香料が含まれているものも多く、抵抗力が落ちている皮膚には、大きな負担になります。
特にボディソープタイプは、水虫を悪化させてしまいます。
ですから、石けんを使わずに、優しく丁寧に洗いましょう。