足の臭いがなかなか取れない。
どうして臭いが取れないのでしょうか?

お風呂へ行った後でも足が臭い。
洗ったはずなのに足が臭いのには、
原因があるんです。

洗ったつもり

足が臭い人の多くが、足を洗ったつもりになっています。
足の裏や指の間からは、毎日コップ1杯分の汗が出ており、細菌やバクテリアが大量に発生してるのです。
ですから、さっと洗っただけでは臭いは取れず、いつまでも残ってしまうのです。

足の洗い方

足を洗うときは、まずお湯をはった洗面器の中に足をつけ、
皮膚を柔らかくしましょう。

特に足の裏の皮膚は固くなりがちです。
固いままでは汚れが落ちづらいですが、お湯でふやかすことで汚れは浮き出しやすくなります。
そして、石鹸を付けて足を洗います。
スポンジなどを使うのはなく、自分の手を使って丁寧に洗いましょう。

足の裏や指の間は汚れが溜まりやすいので
念入りに洗うことが大切です。
爪の裏側は、手では汚れが落としきれないので専用ブラシで汚れを落とすと良いでしょう。
シャワーで洗い流した後は、タオルで水分を丁寧に拭き取り、
ドライヤーで完全に乾かします。