足がガサガサではありませんか?
硬い角質は足の臭いの原因となります。

かかとや足の親指の裏などが硬くなってはいませんか?
硬くなった角質は細菌にとって最高の餌となります。
つまり角質が多いと細菌もどんどん繁殖し、臭いがきつくなるというわけです。

足の角質が硬くなるのにはいくつかの原因があります。
まず寒さです。
冷え性や冬などで足先が冷え、血行が悪くなると、皮膚が乾燥し角質が硬くなりやすくなります。
他にも高いヒールを履く人や長時間立っていることが多い人が足の裏の角質が硬くなりがちです。

足の裏が硬くならないようにするためには、保湿とマッサージが大切です。
オイルやクリームを使ってこまめな保湿を心がけましょう。
その際に足の裏をマッサージし、血行をよくすることも大切です。
乾燥と血行不良を防ぎましょう。

乾燥や冷え、血行不良によって足の裏の角質はどんどん硬くなります。
硬くなった角質を食べて細菌が繁殖しますので、硬い角質ができない環境づくりを心がけましょう。
最近は、足の角質ケアのグッズも数多く売られているのでチェックするのもいいでしょう。