靴の臭い年齢や性別に関係なく、多くの人が足のニオイに悩んでいます。
足のニオイを抑えるには、ニオイのしない靴を履くことが大切です。

毎日、足からはコップ1杯分もの汗が出ています。
こんなにも多量の汗を吸い込んでいるのが、靴なのですから靴が臭うはずですよね。汗を吸い込んだ靴は細菌が繁殖し、嫌なきついニオイがしてしまうのです。

靴のニオイは、足にもつき、足も臭ってしまいます。
そこで、靴のニオイは必ず消臭しておくようにしましょう。

靴のニオイを取るには、靴を洗うのが1番です。しかし、毎日洗うわけにもいきませんし、洗うのが難しい靴もあります。
そんな時は、重曹を使いましょう。

重曹で靴の臭い対策

大さじ5杯ほどの重曹をお茶パックや使い終わったストッキングに入れます。
その重曹を靴に入れて置きましょう。
重曹には、消臭効果あるので、靴の中の嫌なニオイを消してくれます。夜に帰宅しても、朝まで重曹を入れておけば、翌朝にはニオイがすっきりと消えています。

また、重曹を入れておくことで靴の中の湿気も吸い取ってくれます。
足のニオイを解決するためにも、臭わない靴を履きましょう。