頭皮の乾燥シャンプーをした後、髪や頭皮をしっかり乾かすようにしましょう。
湿った髪や頭皮は、細菌が繁殖し、ニオイの原因となります。

まず、シャンプーをした後は、タオルでしっかりと髪と頭皮を拭きます。
髪が長い人はもちろん、髪が短い人もタオルでしっかりと水分を拭き取ります。
丁寧なタオルドライをすることで、ドライヤーの時間が短くなり、
髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えることができるからです。

濡れた髪は、キューティクルが剥がれやすく、とても傷みやすくなっています。
ですから、優しく拭くようにしましょう。
強くしぼったり、こすったりしては絶対にいけません。

そして、ドライヤーをかけます。そしてここがポイントで
冷風で優しく乾かしましょう。
頭皮や毛の根元から乾かします。
そして、毛先に向かって順番に乾かしていきます。

ドライヤーを使っているとだんだん暑くなってしまいますが、
冷風を使って、濡れている部分がなくなるまで、しっかりと乾かすことがポイントです。
ドライヤーを使うことで、汗をかくとニオイの原因となってしまします。
汗をかかないように扇風機やエアコンを使うのもいいですね。