ドライヤーを使うと頭が臭うことはありませんか?
ドライヤーを使っても臭わないためには塩洗髪です!

シャンプーをしたばかりなのに、
ドライヤーで髪を乾かしてみると臭うことがあります。

これは、頭皮の皮脂汚れが洗えておらず、頭皮に残っていることが原因です。
「ドライヤーは臭うからしない。」
「ドライヤーの熱は髪が傷むから使わない。」
なんておっしゃる人もいますが、ドライヤーは使ったほうがいいのです。
タオルドライでは、髪を十分に乾かすことができないからです。
髪に水分が残っていると、キューティクルが剥がれやすく、髪を傷めてしまいますし、
頭皮や髪に雑菌が繁殖してしまうのです。
これらは、ドライヤーの熱よりも髪や頭皮へのダメージが大きいので、絶対に避けたいのです。

そこで、ドライヤーを使っても臭わない頭皮のコンディション作りが大切です。
塩洗髪をすることで、ドライヤーをしても臭わない頭皮になることができるのです。
というのも、塩洗髪をすれば、毛穴や頭皮の皮脂汚れをしっかりと取ることができるからです。
塩で髪や頭皮を洗って、臭いを防ぎましょう。