髪や頭皮が臭うのを防ぐためには、
シャンプー後にきちんと髪を乾かしましょう!

頭皮や髪が臭うわけは、
シャンプー後に髪がきちんと乾かせていないせいかもしれません。
髪や頭皮が濡れていたままでは、髪や頭皮が臭う原因となりますので、シャンプーの後は髪を丁寧に乾かすことが大切です。
ドライヤーで乾かすと髪が傷むと思うかもしれませんが、それは間違いです。

髪が濡れたままでは、キューティクルが剥がれやすい状態にあります。
キューティクルは、髪の表面にあり、髪の中身を保護する役割があります。
このキューティクルが剥がれてしまうと、ニオイが付きやすい髪質になってしまうので要注意です。

また、頭皮が濡れたままでは、湿気も多く、湿疹やかぶれを起こしやすいです。
水気があると細菌も繁殖しやすいので、ニオイがしやすくなります。

そこで、シャンプーが終わったら、できる限り早く髪と頭皮を乾かしましょう。
まず、吸収性のいいタオルで水分をふき取りましょう。
丁寧にオルドライをした後は、ドライヤーで乾かします。
ドライヤーを近づけすぎないようにして、根元から順番に乾かしていきましょう!