冬は髪をしっかりと乾かしましょう。
細菌が繁殖し、頭皮が臭くなりますよ。

冬は頭皮や髪が臭いやすく困りますよね。
実は、冬は髪が乾きにくいので
細菌が繁殖しやすいのです。

生乾きに注意

冬は髪が乾きにくいので注意が必要です。
ドライヤーで髪を乾かしたつもりでも、
実は濡れいている部分ってあるんですよね。

夏ならば、乾き残しが少しあっても気温が高いのですぐに乾いてしまいます。
しかし冬の場合は、乾かし残しがあるとそのまま濡れた状態で
キープされてしまうのです。
生乾き状態は、細菌にとっては絶好のコンディションなので
絶対に避けなければいけません。

効率よく全体を乾かす

髪をしっかり乾かすには、まずタオルドライがポイントです。
タオルでできる限りの水分を取り除いてから、ドライヤーを使います。
ドライヤーを使って、頭皮近くの髪を乾かします。
髪の根元がきっちと乾いたら、後頭部やこめかみなど生乾きになりやすい部分を
乾かしましょう。
最後に全体を乾かし修了です。
全体的に乾いたらブラシで髪をとかし、
生乾きがないかをチェックすることを忘れないようにしましょう。