塩シャンプーで茶髪塩シャンプーを使うと茶髪になるって本当?
学生の間で、塩シャンプーを使って茶髪になれる話題のようですね。

塩シャンプーで髪が茶髪になるという噂があり、塩シャンプーに抵抗感がありませんか?
この噂は本当でしょうか?

中学生や高校生の人は、髪を脱色したり染めたりするのは校則で禁止されている人がほとんどです。しかし、髪の毛をほんの少しだけ茶色にしたいなんて考えている人も多いみたいです。
そんな学生の間で話題になっているのが、塩シャンプーなんですが、正確には、塩リンスですね。

塩シャンプーとは?

リンスに大量の塩を混ぜて、乾いた髪に塗って20分ほど放置するそうです。脱色剤を使うよりもナチュラルで、日に当たるとわかる程の茶色になります。
これで、髪が茶色になるのは、乾いた髪にリンスを塗ることで、髪にダメージを与えて傷めているからです。頭皮のニオイや白髪対策の塩シャンプーとは、塩分濃度も数十倍違うのです。

結果として

塩シャンプーで、髪が茶色になってしまうことはありません。
心配せずに、塩シャンプーをして、コンディションの良い頭皮と髪を作りましょう!