夏は頭皮がベタベタしやすいですね。
塩シャンプーでスッキリさせましょう!

夏は暑いので汗をたくさんかき、頭皮の毛穴からは皮脂がどんどん出てきますね。
日本の夏は湿度が高いので細菌も繁殖しやすいです。
汗と細菌でいっぱいの頭皮では頭のニオイも気になります。
頭皮の清潔を保つには塩シャンプーがおすすめです。

まず洗面器1杯分のぬるま湯を準備しましょう。
そこへ大さじ2~3杯程度の塩を入れて、手でかきまぜます。
塩は普段、お料理に使っているものでOKです。
たったこれだけで完成と、作り方はとても簡単です。
これを手にとって頭皮にかけて、指の腹で頭皮をマッサージします。
爪を立てたり、力を入れると頭皮を傷つけてしまうので優しく、汚れを揉み出すように洗うのがコツです。

暑い季節はついつい冷たい水でシャンプーをしてしまいがちですが、ぬるま湯を使いましょう。
冷たい水では毛穴が閉じてしまい、毛穴の奥まで洗うことができないからです。
毛穴を開かせるためにぬるま湯を使い、どうしても暑いのならば仕上げ後に冷水を浴びるのがいいでしょう。
開いた毛穴が引き締まるので効果的ですよ。