夏は頭皮のニオイで悩む人が急増します。
頭皮が臭う原因は何でしょうか!?

夏は、頭皮のニオイで悩む人が急増します。
頭皮のニオイが夏に臭う原因は、シャンプーの方法にあります。

まず、シャワーの温度を下げてはいませんか?
夏は暑いので、水シャワーをする人が増えます。
水で頭を洗うと、毛穴が引き締まってしまい、毛穴の入り口が閉じてしまうので、汚れを溜め込みやすくなります。
毛穴の奥まで洗うことができず、毛穴が皮脂汚れで詰まってしまうのです。
熱すぎるお湯はNGですが、水で頭を洗うのもダメです。
ぬるま湯でシャンプーをしましょう!

髪がしめったままの状態でいることも頭皮が臭う原因になります。
夏は暑いので、ドライヤーをするのが嫌だったり、髪が濡れたままでも気にならないケースが多いのです。
しかし、濡れたままの髪や湿った頭皮では細菌が繁殖し、嫌なニオイがしてしましますので、
ドライヤーを使って、頭皮や毛の根元を重点的にしっかりと乾かすようにしましょう。
ドライヤーを使う前に、吸水性の良い柔らかいタオルで、優しく丁寧に拭いておくこともポイントです。