帽子をかぶる帽子をかぶっていると頭皮が臭ってしまうことがあります。特に夏は、ニオイがきつくなりがちなので気を付けたいですね。

帽子をかぶると、頭皮が蒸されてしまい頭皮が臭ってしまいます。さらに、汗が帽子にも染み付き、帽子自体からも臭ってしまうのです。

特に夏は汗をかきやすく、頭皮からは多量の汗が出ます。しかも、夏は体温も高いので、帽子の中の温度もぐっとあがります。
この高温多湿になってしまった帽子の中では、細菌が大量に繁殖するので、臭うというわけです。

冬も油断は禁物で、ニット帽やファーのものをかぶる機会が増えます。すると、冬でも頭は意外に汗をかいているのです。しかも、冬は頭皮が乾燥しているので、フケが出やすく、細菌がこのフケを食べて繁殖をします。これでは、冬も帽子をかぶると臭うわけです。

このように、帽子をかぶると、頭皮が高温多湿になりやすく、ニオイがする原因となります。
しかも、汗や細菌が帽子に付き、帽子も臭ってしまいます。そこで、頭皮はこまめに汗を拭くようにしましょう。

 帽子も汗をかいたら、消臭効果や殺菌効果のあるスプレーをするとをお忘れなく!