髪が絡むと嫌ですよね。
絡む原因は一体何でしょうか?

髪が絡むと見た目にも悪いですし、痛みを感じることもあるので厄介です。絡んだ部分にゴミや汚れが溜まると臭いの原因にもなります。

髪が絡む原因

髪が絡む場所ってどこでしょうか?
毛先ではないでしょうか?
また後頭部の髪も絡みやすいですよね。
このように毛先や後頭部の髪が絡むのは、髪の毛が傷んでいるからです。

髪が傷みキューティクルが逆立っていることで、髪同士がくっつきやすくなっているのです。
くっつくのを繰り返しているうちに髪がからまってしまうというわけです。

乾燥した髪と静電気

髪は乾燥状態にあるとキューティクルがはがれ落ちやすくなり、髪が絡みやすくなります。
しかも乾燥した髪には静電気が起こりやすく、この静電気により髪がぐるぐるに絡んでしまうことも多いのです。

乾燥だけでなく、疲労やストレスが溜まっているときにも、静電気は起こりやすいので注意が必要です。
静電気を防止するためのスプレーが売られているので、さっとスプレーすると静電気を防ぐことができ、髪の絡みが軽減されますよ。